杉は、ほぼ全国にわたり生育しており、日本を代表する常緑針葉樹林の一種です。大分県産の日田杉も有名ですね。建築材料としては、柱、桁、下地材、造作材、内外装材などに使用されることが多いですね。



桧は杉と同様に常緑針葉樹林の一種で、生育範囲も杉に次いで広範囲にわたっています。建築材料としては、土台、柱、造作材、建具材などに使用されています。温泉などではよく桧風呂などもよく耳にしますね。桧は、高級材としても有名で、古くから神社などにも多く使用されていました。桧の持つ特有の香りには、鎮静作用があり精神を安定させてくれる優れた木材として注目を浴びています。




欅は落葉広葉樹に属し,よく防風林として農家や屋敷の北側に植えられています。針葉樹と違い,成木になるまでに250〜300年かかり,材は美しい木目が現れるので銘木として珍重されます。桧と同様に主に神社仏閣に使用されてきました。一般住宅では,柱,床の間,神棚板,式台なだに利用されています。



松にもたくさんの種類があるのですが、中でも黒松と赤松が最も身近な物といえるでしょう。建築材料としては、桁、梁などでよく使用されています。

copyright(c) 2000 Koshiro Furnace Industries co.,LTD. All right reserved.